少年ジャンプ系の人柄には あまりみられない剣心に以心伝心!るろうに剣怒り

「るろうに剣怒り」こういう戯画すごく好きで戯画が終わった後も DVDの星霜版で、まさかのメイン人表面が病気で40過ぎで亡くなる有様まで観たほどだ。

さらに劇場バージョン実写バージョンも近年フィルム館で観ました。

メイン人公の剣心は少年ジャンプの気質としては物珍しい好みなので余計に好きです。

ONE PIECEのルフィ、NARUTOの うずまきナルト、トリコところはいかにも少年ジャンプ系のメイン人表面オーラゆたかで、ダイナミックいっぱいだし、強気だし、カッコ備え気質だ。

しかし剣心は 怒りも折れやすく 過去のトラウマもひきづっており、優男ぽくて、オロ?とか言い物腰の柔らかさとかもみられ ジャンプ系のいつものメイン人公の使命を喜ばしい意味で吹き飛ばしてます。

特に剣怒りがジャンプ系のメイン人表面らしくない場合は 薫が殺されたと錯覚し、浮浪者らがたむろするとこで 落ちてしまう有様はびっくりでした。

大久保利通とか 政府の上の者などには丁寧に接するとこ、村人などにも丁寧に係わる 丁寧とこが 好きです。

何よりも不殺の結果逆刃刀を発明し、いかなる死闘においても不殺を守り抜きぬく身だしなみに感動しました。

結局はいかなる死闘でも 敵手の精神も合戦により蕩かすことが多かったです。

斎藤ゼロや 左手之助との合戦などでもそれは伺いわかることができます。
女性ホルモンを増やすには?【おすすめの女性ホルモンサプリ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です