人間あれこれそれぞれに養育方針というのは考えている

何才からこれをさせる。何才だからまだできない。まだ、分からないから。というコンセプトを捨ててます。台所用件玄関は状態に付けてます。台所な自由に入ってしまう。だからと言って、危うい事、してはいけない事はその時の方々で回避行なう。もちろん、育児なので、忍耐が勝った方が繁栄!なので、忍耐激しくは要ります。具体的な例を出すと、ハイハイやお座りし始めると、母親追いが始まりますよね。台所に出向くチャンスだ!娯楽実録を敷きます。ザルを二つ置いてその前に座らせレタスを持たせて目の前でちぎってポイを繰り返しみせて取り掛かりたら、横目で見ながらサパーの調整。高いのが、ポイの方に入ってたら、それは根本のザルにサッと戻します。飽きたら腕を洗って好きな玩具ゾーンに行きます。サラダの出来上がりだ。次は解き放ち玄関を開けてもたらすオーマイガット!の時がありますよね。気持ちになる玄関は大抵決まってませんか?その中から触っては行けない物を先に出して見えない所に隠します。玄関を開けて出す、もたらす。横目で見ながら空になるか、中から1つの物に興味を引き出したら、母親の到来。「上手なにナイナイできるかな?」「どれをナイナイ始める?」持ったら「はい、ここにナイナイ」後は、誉めながら増やす。さすがに、玄関開けは生活続きますので、同じ事を玄関にあきるまで忍耐試合!開けなくなる頃には、中はスッキリ片付けられてます。母親の忍耐繁栄!洗濯品も児童の小さいハンドクロスをたたんで重ねたたんで積み増しを繰り返しみせて渡したら多少にかかわらずグチャグチャだったり講じるけど、出来上がり。こういう3つのコツは、抱っこ一時に見せておいたり、母親がなおしてる時は「ナイナイ」と済むながら、耳から先に覚えさせておくと速いかな?次は外部、腕を離して走り抜けたがるときはひたすらのちについてあるく。石や虫(害が乏しい良好等)弄びたいだけ触らせます。見せたいだけ見せます。口に入れようとしたら、「汚いよ」とすぐ吸い上げ「それは、何かな?」と気持ちを反らせます。砂遊びも同じく怪しくない。汚い物ほか好きな様に。但し、後はすぐにお湯船!入り口以降で脱がせないとオムツの中まで砂まみれ。忍耐!後はやってはいけない事、何才になってもやってはいけない事は分から弱いうちから発展ます。テーブルに歩きを上げたらすぐ知らん顔でパチンたたく。食品中、立とうとしたら腰地点を軽く食い止めると自然と陣取るので、すぐ口に入れたり、フードに気持ちをひきます。これは、ゼロ才になるまでにやってみた事です。児童はマネをしすぐ覚えます。後は、根気だ。シミウスってどんな効果があるのか知りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です